B・S・DBlog
テキストサイト「B・S・DHouse」のブログです。 日記、小説、読んだ話の感想などもろもろ。 たまに毒呟きもまざったりします。双子座だから精神内に双子の弟がいるんですよ。邪悪な(笑)
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

るろうに剣心伝説の最期編見てきた

見てきましたよ。
二回「いくわ!」と呟いて二回とも失敗していたので三度目の正直。
何とか見れました。PVで予測できる範囲内で感想でも書こうかと。

まず、全体的にはやっぱり楽しめました。
今回の話って、京都大火で煉獄が破壊されなかったらっていうアナザーストーリーな面が含まれていて、もしあそこで左之助が炸裂弾で破壊しなかったらどうなってたのかというのが描かれたと思ってます。大久保卿レベルの政府の高官も出てきたし。こういう流れかーと。

バトルのスピード感は前作と同様半端なくて。
どの戦いも心臓どきどきさせながら見てましたが、特にCCO様と剣心、左之助、斉藤、蒼紫様との多対一のバトルでCCO様が炎を撒き散らしながら剣心達をぶち倒していくのが凄くラスボスっぽくて滾りました。
藤原達也あっぱれです。

あと、左之助ですよ左之助。
血まみれで戦い続けて最後にはCCO様とのバトルに乱入。第一回、第二回よりもかなり活躍してました。一人だけレベル低いから誰よりも血まみれ具合半端ない。頭割れて内臓破壊されて血を吐いてでも戦い続ける左之助に思わず泣いてしまいました。

操ちゃんは相変わらず可愛い。あの着物で走り回り、アクションする操に一気にファンになりました。格闘物の映画に今後出ないかな。

ちゃんと安慈和尚や宇水も出てきたし。バトルの間の技も原作を知っている人が見れば「おお」ってなるような技もちゃんと出してるし。やっぱりよかったなー。

ここからは残念だったところ。

京都大火編でもそうだったのですが、蒼紫様がほんとストーリーに絡まなさ過ぎて残念。
剣心とCCO様の戦いの中で横から出張ってくるだけ出張って、戦って、敗れて、で、唐突に戦いに参加してくる。
映画が終わって客がはける時に一番聞こえてきた不満の声が「蒼紫なんなの?(笑)」でしたね。

正直な話、蒼紫様を出さないという改変をすれば原作ファンからは凄く怒りが出るでしょうが「るろうに剣心実写版」という話としてはまとまったと思うんですよね。

できれば一作目から絡めるか、二作目で最初から「抜刀斎を殺すためにお前たちと組みたい」と同盟持ちかけて今回の話で戦えばまだよかったんじゃないかなーと思うわけで。

他はネタバレ上等じゃないと言えないからこれくらいで。


明日からまた仕事頑張ろう!


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://burn206.blog8.fc2.com/tb.php/2738-67ffcb98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

紅月赤哉

  • Author:紅月赤哉
  • 北海道産まったり創作男
    バドミントンと歌をこよなく愛し、小説でどんどん書いてみたいと思いつつ実践したりしなかったり。
    詳しくは本館のプロフィール参照。
    面白いネタを提供できるときはなるべく凝ってみよう。

月別アーカイブ

カテゴリー別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する