B・S・DBlog
テキストサイト「B・S・DHouse」のブログです。 日記、小説、読んだ話の感想などもろもろ。 たまに毒呟きもまざったりします。双子座だから精神内に双子の弟がいるんですよ。邪悪な(笑)
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

「死んでもいいや」ってこういうことか

今日はスウェーデンのアカペラグループ「The Real Group」のライブを聴きに行ってきました。
触れ込み的に「人間が修練を重ねて辿り着く到達点の一つ」であるグループなので、歌ってる身としても聴く側としてもとてつもなく楽しみでした。

自由席だったので「二時間くらい前から並んでるのかなぁ。まあ、聴けるだけマシか」と開場するであろう18時の一時間前、17時頃に行ったら誰もいないでヤンの! 入口がよく分からなかったのですが、正規のうけつけに行くと、多少いるくらいでやっぱり並んでない。

自由席を警戒しすぎましたかね?

そして三十分ほど経ったら人が来だして、おばあちゃん達が「並ぶかい」と言って並んだ所の後ろにつく僕と嫁。札幌アカペラーも何人も来てました。

受付の外から並んでるCDやDVDたちに目をつける。ずっと前に行ったテンプテーションズのライブはCD買えなかったので、今回は最初に買おうと決めてました。予想より多かったですが楽譜まで買えて27500円。

「大人買いですね」「歌ってる人達なんですかぁ? 凄いですね」って売るのに不慣れそうなおばちゃんが言ってました。

早めに並んだ甲斐はあって結構な好位置に。近すぎると全体象見れなさそうですし。ある程度距離があったのでステージ上のパフォーマンスもよく見えました。

ライブの模様は割愛しますが、耳が孕みました。そしてタイトル通り「死んでもいいや」って思えました。アンコールだとちょっと泣きました。そんくらい歌で衝撃受けたのも久しぶりでしたね。

そして今は去年のライブらしい「The Real Group Live In Japan 2013」を聴きながら書いてます。これほんとライブなのかな。

しばらくは「The Real Group」無双で行こうと思います。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://burn206.blog8.fc2.com/tb.php/2734-cf845235
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

紅月赤哉

  • Author:紅月赤哉
  • 北海道産まったり創作男
    バドミントンと歌をこよなく愛し、小説でどんどん書いてみたいと思いつつ実践したりしなかったり。
    詳しくは本館のプロフィール参照。
    面白いネタを提供できるときはなるべく凝ってみよう。

月別アーカイブ

カテゴリー別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する