B・S・DBlog
テキストサイト「B・S・DHouse」のブログです。 日記、小説、読んだ話の感想などもろもろ。 たまに毒呟きもまざったりします。双子座だから精神内に双子の弟がいるんですよ。邪悪な(笑)
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

るろうに剣心京都大火編

見てきました。

本編の根幹にかかわらないような感じにネタばれ感想をしようかと。でもほぼ原作通りなので原作を読んでる人はいいのかなとは思いますが。あとウィキぺディア見たくらいで分かるくらい。





・超速戦闘よかった
一作目でもあったけれど一体多数の超速戦闘は燃えますね。
特に今回は京都大火編ということで人をバッタバッタと倒していくのが結構爽快でした。
でも、多分「ONE PIECE」のドレスローザ編をドラマ化したらああいう感じになるんだろうなって言うくらい混沌としてました。視点がいくつもあるとやっぱり大変ですね。

・格闘アクションがやっぱりいい
剣心の実写映画で何がいいかって。原作よりも格闘してるんですよね。剣心でさえ接近戦で掌打とかやってたり、背負い投げしてたり。でも刀狩りの張との戦いでの龍巻閃もよかった。
あと特に良かったのが翁の戦闘。操ちゃんもそうだけれど、近接格闘術者はたまりませんね。大好物です。
技名を特に叫ばないまま戦うので十分特撮的な時代劇になってとてもよかった。

・蒼紫様
抜刀斎ィイイイイイイイ!
なんか鯨波さんっぽかった。

・宗次郎
二次元から現出してきたかと思った。

・斉藤様
前作より見せ場増えてよかったですね。地味に牙突ゼロ式みたいなのも出してたし。

・薫殿
めんこい。けなげですね。

・さの
二重の極み使えそうな気配。でもアンジとの邂逅はなさげだけど。

・十本刀
CCO様の傍にいるメインの刀以外についてはキャストが名前と顔一致してないんだけれど、夷腕坊は分かった気がする。
あと鎌足が流石に女性でした。でも鎌のオカマネタ使うんだろうか。

・CCO様
流石に漫画レベルのカリスマ性は出すの難しいようで。でも十分ラスボス感漂ってます。

・福山雅治
浜辺を歩いている姿が龍馬にしか見えない。
まさか縁かと思ったけれど年的に合わないから多分比古清十郎かな?


ちょっと残念だなーって思ったところは、やっぱり時の経過が分かりづらかったので「時」を示す部分が弱かった気がしました。
剣心が京都に旅立つ時とか、新月村でCCO様が挨拶する時とか。あなた京都から何日かけてきたんですか? みたいな。
同じ二時間半という枠の中で時が何日も過ぎているんですけど、そのあたりに関する描写がほとんどないというか、せいぜい一日過ぎたとかそういうレベルでしか感じ取れなかったのでそこが残念かな。でもいちいち「○日後」とか入れるわけにもいかないでしょうからね。

総じて自分は北海道弁使うくらい興奮しました。嫁がいなかったら連続で見てたと思います。

伝説の最後編も劇場でちゃんと見ようと思います。

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://burn206.blog8.fc2.com/tb.php/2710-65ea0f60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

紅月赤哉

  • Author:紅月赤哉
  • 北海道産まったり創作男
    バドミントンと歌をこよなく愛し、小説でどんどん書いてみたいと思いつつ実践したりしなかったり。
    詳しくは本館のプロフィール参照。
    面白いネタを提供できるときはなるべく凝ってみよう。

月別アーカイブ

カテゴリー別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する