B・S・DBlog
テキストサイト「B・S・DHouse」のブログです。 日記、小説、読んだ話の感想などもろもろ。 たまに毒呟きもまざったりします。双子座だから精神内に双子の弟がいるんですよ。邪悪な(笑)
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

今年の執筆振り返り その2

 紅月です。
 今年の執筆振り返りを続けていきますか。

 前回までのあらすじ。
 一年で3000枚書いてみるかという目標を立てて順調に減らしていくのですが、オフでも家買うとか単身出張するとかで忙しくなってきてどうなるやらというところです。



 5月 106700文字 351枚
 紅月赤哉 64502文字 233枚
 別名義  40136文字 118枚
 内訳はリンク先参照
 5月執筆成績

 この月はGWに出張準備をすることと、出張後に土日を外出歩くのに費やしたのと、朝執筆があまりできない状態になったことで前よりも枚数減っていましたね。
 神奈川方面に出張したということで、以前在住していた時にお世話になった創作仲間達と飲んだり食べたり観光したりしていました。特にTARITARIの聖地巡礼に行けたのは良かったです。初聖地巡礼。
 逆に二週は土日を使ってないのに351枚書けた分、慣れて来たのかもしれません。



 6月 144241文字 468枚
 紅月赤哉 80893文字 280枚
 別名義  63348文字 188枚
 内訳はリンク先参照
 6月執筆成績

 ブログを毎日付けていると何となくその時の様子がわかってやっぱりよいですね。来年は「一年間ブログを書く」を目標にします。
 6月になると「ストレス」という記述が多くなりましたんで。その反動なのか、5月よりもめっちゃ書いてました。
 ポメラがホントに本領発揮してるのが良く分かります。外に出る時は必ずポメラを常備して、どこか待つとか座るとかできたらまず開いて書いてました。
 平然と日曜日に仕事出てたり、マイナスになっていく様が見えますが、のど元過ぎれば熱さを忘れますね。



 7月  86432文字 304枚
 紅月赤哉 78248文字 280枚
 別名義   7815文字  24枚
 内訳はリンク先参照
 7月執筆成績

 最初の1月と2月は軽いジャブというところだったので、本格的にペースを掴んでから初めて200枚割る危機でした。何故かって言えばほとんど残業だったからですね。確か100時間行きそうだったはず。それで単純に執筆する余裕がなかったのでした。
 それでも「横浜にいる間はブログを毎日書く」と決めていたからか日々のことが分かっていいですね。
 それでも序盤に結構書いているので、その貯金が効きました。
 オフでは東京都合唱祭で歌われる「心の旋律」を聴きに行ってきました。当初は出張が6月末までということだったので聴けないなと諦めていたのですが、まさかの機会でした。
 この時期は仕事で疲れているんですが、執筆を止めると逆にリズムが崩れるというところになっているようです。12月で執筆はここでおしまい!って決めた僕と同じです。
 やっぱり執筆をするのは、無理はしないまでも毎日少しでも書くってのが大事なんだろうなと思います。
 また、遂に購入した家に引っ越し作業もしてました。三連休に帰って徹夜で荷造りして引っ越しして、その日の夜に帰るという強行軍。それでも頑張りました。
 引っ越しが済んだあとはほとんと仕事でした。確か二週間は毎日会社行って最終くらいまで仕事してました。
 おかげさまでブログも飛び飛びになり、一気に終わりの日までって感じでした。


8月 131280文字 439枚
 紅月赤哉 77572文字 294枚
 別名義  48476文字 145枚

 内訳はリンク先参照
 8月執筆成績

 遂に北海道に、新居に戻ってきたという月でした。
 仕事も新しいものが始まってまったりとしており、前月が残業100時間行きそうだったのに対してこの月は10時間いったかいかないか。十分の一ということで執筆枚数もこの時までの最高記録でした。
 北海道に戻ってきたことからなのか余裕が感じられるブログ記事でした。この月で2956枚と年間3000枚を来月到達ってところまで行っていますね。なんやかんやで一月250枚書けばいけるわけですが、そこをどんな忙しい月でも達成してるんだからそりゃ速くなりますな。そんなわけで、次の九月に三か月ほど速い達成となるわけです。
 でもこの頃になると掌編が書けなくなってきました。長編脳が活性化しており脳内はFlyUp!とSkyDrived!も世界が広がっており、掌編を考える余地がないのでしょう。掌編もプロット立てれば書けるんでしょうが、基本的に掌編はプロット立てずに思いついたところで書いてますからね。
 ここから掌編を書くことはほぼなくなります。
 長編を抑え目にする代わりに毎年少しずつ掌編もアップしたいですね。それこそ、一月に一作を再度挑戦しようかなと考えています。

 
 5月から8月編でした。
この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://burn206.blog8.fc2.com/tb.php/2561-f3a23b41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

紅月赤哉

  • Author:紅月赤哉
  • 北海道産まったり創作男
    バドミントンと歌をこよなく愛し、小説でどんどん書いてみたいと思いつつ実践したりしなかったり。
    詳しくは本館のプロフィール参照。
    面白いネタを提供できるときはなるべく凝ってみよう。

月別アーカイブ

カテゴリー別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する