B・S・DBlog
テキストサイト「B・S・DHouse」のブログです。 日記、小説、読んだ話の感想などもろもろ。 たまに毒呟きもまざったりします。双子座だから精神内に双子の弟がいるんですよ。邪悪な(笑)
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

横浜二十七日目~鳥カフェといたる展

今日は昨日聞いたネタを元に鳥カフェに行ってきました。
またしても画像でかそうなのでサムネイルクリックで大きく表示。

まずは外で一枚。

毛玉

なんだこの毛玉は。もふりてぇ!


中に入ってまずは注文。どうやら注文のコーヒー飲んだりケーキ食べたりした後にお触りタイムがあるそうです。
写真は撮ってよかったみたいなのでやろうとしました、座った位置がおくまっていてだいたい他の人が座っていたため、身近にいたこの子を撮りました。


荒ぶる鳥

めっちゃご飯食べまくってました。くちばしについた餌を洗い流すように水を飲み、最後に自分が立っている柱になすりつける。そしてまた食べる。ずっと食べてました。お腹すいたのね。


そして来たチーズケーキを食べる。


チーズフクロウ


フクロウの顔型。めんこい! お残しせずにぐさっと食べました。


コーヒーを飲みチーズケーキを食べてほっとしたところで、居並ぶ客がたくさんいたのでさっさと帰ることにしまいた。
お会計を済ませたところで「触っていかれますかー?」と店員さんが言ったので500円課金して触ることに。

フクロウたちが集まる場所へと向かいます。


フクロウ三匹

部屋の前にいた三匹。首柔らかいですね。

部屋の中に入ったら五匹いました。

そのうち二匹は足が固定されているので頭やさしくなでてくださいねー。

三匹は腹のあたりに手をやったら飛んで乗ります、と言われたのでワクテカしながらとりあえず不動の二体を写真に撮る。


眠いの

おこなの

片方は最後まで目を閉じてました。


そしてついに手乗り! 乗ってごらんと手を差し出したらぽんと乗ってきました。

ガッツ星人

めがっさ円らな瞳で僕を見てきます。瞳の中に僕の影が映ってました。

ガンつけ

もう一匹は立派にガンつけ。この眼光で鼠を取ったり?


最後に五匹目。ちょっと小さめの子でした。


五匹目
手乗りフクロウ

やわらかーな感じでした。


5分くらいですませてくださいねーと最初に言われてたんですが3分くらいで終わりました。
僕は開店前に並んで運よく1番手で入ったのですが、すぐに満席となり待ってる人たくさんいましたから。早めに出ようということで。

そしてやっぱり男一人だと辛いww 男でも二人で来るべきですな。


そんなわけで癒されたままその場から離れたのでした。



次にちょっと近場のカフェでポメラで執筆してから、向ったのは表参道。
そこにある青山アーバルヒルで、樋上いたるさんの絵の展示会が開かれておりました。


表参道なんてハイカラなところを歩くとアウェイ丸出しなんですけど、最初は国際連合大学とか仰々しい大学が学祭っぽいの開いてるところをスルーして、迷った挙句引き返すということをしました。

見つけた建物の中に入ると、なぜかエレベーターは1階の次に3階で、もう一度1階に下りてから探すと、二階への扉が非常口みたいなところにあり、困惑しつつもたどり着き、ひとまず見て回りました。見て回るも何も三分で見終わるような規模でしたけど。

中はBGMが鳥の詩だったり鍵系の音楽に満ちていて、更に同好の士しかいなかったので柔らか雰囲気。
カンバッチ付の入場券だったので抽選やったらコマリマックスのカンバッチもらいました。うぇい。

楽しんだ後に下に降りたら、そこのコーヒーショップで無料で飲めるとのことだったので、日差しが落ち着くまで一時間ほどポメラで執筆してました。おかげで一作書けました。順調順調。


そして、16時半くらいになり、日差しも楽になったところでそのまま渋谷まで歩いてそのまま電車で戻って帰宅という流れ。

楽しんだーと帰った後になんとニコニコで咲―阿智賀編の一挙放送してたので見てしまって今に至ります。

今日は1000字くらいFlyUp!書いて寝ようかな。咲を見てるとFlyUp!かSkyDrive!か無償に書きたくなります。青春っていいですね。


明日からまた一週間、仕事頑張ります。六月やー!



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://burn206.blog8.fc2.com/tb.php/2425-5532489b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

紅月赤哉

  • Author:紅月赤哉
  • 北海道産まったり創作男
    バドミントンと歌をこよなく愛し、小説でどんどん書いてみたいと思いつつ実践したりしなかったり。
    詳しくは本館のプロフィール参照。
    面白いネタを提供できるときはなるべく凝ってみよう。

月別アーカイブ

カテゴリー別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する