B・S・DBlog
テキストサイト「B・S・DHouse」のブログです。 日記、小説、読んだ話の感想などもろもろ。 たまに毒呟きもまざったりします。双子座だから精神内に双子の弟がいるんですよ。邪悪な(笑)
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

横浜十二日目~TARITARI聖地巡礼と夜通しゲーム

土曜日。今日はついにこっちに出張来た時に最大の目的。TARITARIの聖地江ノ島観光にいきました。紅月です。

創作仲間の栗田さんと寺宙さんと片瀬江ノ島駅で合流し、まずは江ノ島に渡る前のところを散策。
※写真のサイズが大きいので全部サムネイルで表示。


4話景色



夕暮れでしたが、第四話で見た景色。晴れててよかったです。晴れてて風が強くて肌が痛かったです。

周辺で昼ごはんを食べようとしたけど場所が見つからなかったため、江ノ島に潜入してからシラスごはんを食べようということに。シラスプッシュみたいですね。

外人に追いかけられたところ


ここもよく出てきた所。江ノ島から本土に渡る橋ですね。
和奏がここでコンドルクインズの人に追いかけられました。

江ノ島にわたってから人ごみいもまれる前に、入口付近のシラスごはん屋で食事をすることに。

シラスごはん


2100円!

美味しかったですけどなんで押してるんですかね?

そうして遂に江ノ島観光開始。

最初に商店街を進んでいったのですが、振り返ると作中の景色そっくり。乗せたかったですが人の顔が識別できそうな肝心だったのでやめておきました。

更に上っていくと、和奏の通学コースが見えてきます。

第1話の風景

作中の景色



恐ろしいまでの再現度。P.A.WORKSさんはほんと凄いです。

結構急な坂を上って、時折別の風景も取りつつ進んでいくと、作中で来夏達がよく食べてる茶屋がありました。
そこで、とりあえず頼んでみました。

ケーキ三つ


結構な量があるので和奏さんは三つ食べられたのでしょうか。

この時、向いに和奏の家のモデルもあったのですが、一度洞窟に行こうとか行けるみたいなので行くことに。引き返してきた時に入ろう、とあとまわし。

裏の岩場その1
岩場その2


来夏が和奏が自殺するかと止めに入った岩場。そしてバランス崩して着替えという。
来夏はブラジャーいらないですよね。

さて、岩場を抜けて洞窟に入場料払って入ると、中で竜神様が占いをしてくれました。

「殻を破るときが来たようじゃ!」

寺宙さんや栗田さんに「ついに公募ですか!」と。

行きはよいよい帰りは恐い。

戻ったときの階段の急さに足がパンパンになりました。お年寄りも結構いたので、大丈夫かと不安になるほどに。

そうして苦労して戻って、遂にここです。

和奏の家のモデル


和奏さんの家のモデル「あぶらや」です。

表にはチョークで和奏のイラストが描かれていてお勧めを紹介していたり、中に入ると漫画の単行本と設定資料集が置いていたりとまだまだTARITARIを押していました。

僕らは外に出てかき氷やら抹茶あずきやら頼んだんですが、ふと横を見るといきなりおデブな猫が寝てました。

こ、これはまさか!

ドラのモデル


ドラか! ドラなのか!

とりあえずこうして写真を撮りましたが、ほとんど気持ちよさそうに腹式呼吸して寝てました。


抹茶あずき

僕はかき氷でしたが、栗田さんが抹茶アイスを頼んでいました。ありがとうございます!


こんな感じで11時から15時くらいまで時間を潰し、夜にぐらさんと合流して飲みをすることにしたので、池袋に向かって飲むことにしました。

なぜか-1次会として開始。
15%オフとか2時間飲み放題という言葉につられて行ってみたんですが酒四杯と四品頼んだだけで9000円くらいぼったくられてなんだそりゃと計算。
な、なんと「サービス料」ってのが入ってました。なんじゃそりゃ。

嘘は言っていない。伝えてないだけという典型的なものに引っかかってしまいました。

腹立ちながらぐらさんと合流して、世界の山ちゃんで0次会開始。

肉々しい食事しながら飲みまくり。

4人で9品くらい。更に飲みまくったのに9000円くらい。さっきのところやっぱりぼったくりじゃねぇか! と息巻いた後でぐらさんの家に移動。

1次会開始。

ウイスキーコーラ割り飲みながら
何故かカードバトル開始。
ボードゲームといい、カードゲームといい、絶妙なバランスで考えた人天才だな!とか盛り上がりながら夜が更けたです。

こういう「狭い家に男四人集まって徹夜で酒飲みながらカードゲーム」という大学生テンションに燃えましたな。こういうの必要ですね。

結局、三人が寝落ちした二時半までやってました。自分だけ起きてるという。

ニコニコ動画で暇つぶしてから四時半に寝てるぐらさんをほっぽいて池袋駅まで移動してる途中の投稿の写真。

池袋の朝焼け



あとは帰ってひと眠りして、サイト更新したり、執筆したり、火曜日から移るウィークリーマンションの位置を確認していたり、今のホテルを出る準備をしたりといろいろ忙しくして今に至ります。

ホテル暮らしもひと段落。仕事も徐々に忙しくなる。

更には、来週末は家を購入するということで一度北海道に戻ります。

いろいろ疲れますが体調管理は気をつけます。


この記事に対するコメント

どうもー。栗田です。
オフ楽しかったです−。しかしまぁ、本当に学生並みに遊びましたなぁw
時々こういう無茶オフしたいですね。
ではではー。
【2013/05/22 23:19】 URL | 栗田 #ftr86F3A [ 編集]

>栗田さん
どうもです!
お疲れ様でした!
やっぱりいつまでも心は若く行くのが書き手!!
またやりたいのでその時はよろしくお願いします!

【2013/05/23 23:45】 URL | 紅月赤哉 #pt67g6gE [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://burn206.blog8.fc2.com/tb.php/2410-e534a08e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

紅月赤哉

  • Author:紅月赤哉
  • 北海道産まったり創作男
    バドミントンと歌をこよなく愛し、小説でどんどん書いてみたいと思いつつ実践したりしなかったり。
    詳しくは本館のプロフィール参照。
    面白いネタを提供できるときはなるべく凝ってみよう。

月別アーカイブ

カテゴリー別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する