fc2ブログ
B・S・DBlog
テキストサイト「B・S・DHouse」のブログです。 日記、小説、読んだ話の感想などもろもろ。 たまに毒呟きもまざったりします。双子座だから精神内に双子の弟がいるんですよ。邪悪な(笑)
03 | 2024/04 | 05
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

ミクパ2013札幌公演行ってきました

今、起きた。大分だるさは取れました。
今日は嫁と初音ミクのライブに行ってきました。

典型的な「レコーディングアーティスト」である初音ミクにライブをさせる試み。
照明の魅せ方からシルクスクリーンによる映像表現、初音ミク自身のダンス、映像という利点を使った演出、演奏曲順、ギター、ドラム、ベースの楽器生演奏。観客など。

金、センス、努力、愛などと詰め込めるものを全て詰め込んだ、正に「ライブ」という一つの芸術作品を体感することができました。

開始三曲に鳥肌が立ち、ラストからアンコールにかけて感動して少し泣きました。まさか「ミクさーん!」というほどファンでもない自分が泣くとは。後ろの「ミクさーん!!」って女性は号泣してました。

初音ミクは非常に優れたプレイヤーです。
何しろリズムはずれないし、音程はどんな跳躍をしてもまったくぶれないし、ビフラートも自由自在で人が話せない速度や高音で歌え、ハモリ完璧だし、ダンスはずれないし。今、所属している歌団体で「音楽に必要なもの」って言われてるもの全部完璧にこなします。

そんな彼女の弱点は周りに合わせることが出来ないということ。開始のタイミングも終わりのタイミングも間のダンスのタイミングも歌のタイミングも、全てバンドメンバー全員が、息を合わせなければいけない。もうね、どれだけ練習したんだろうと思います。

知らん人から見れば初音ミクのライブってどういうこと?ってなるんですけどね。
僕は、こういう「人の英知と努力と愛と金の結果」はとても美しくて、かっこいくて、刺激になりますってことですね。純粋に「ミクさーん!」な人の気持ちはさすがに分かりませんが。

初音ミクの声に抵抗がなくなって聴くようになると、声が良い人、歌が上手い人、に固執して音楽を聴いていた自分がバック演奏やインストだけなど「音楽」自体を楽しむようになっていたので、いいきっかけだったなーと思うわけです。

何より、嫁が率先してライブチケットを取りに行くなんてアクティブさを見せたのは初めてですからな。よくぞはまったり。嫁もなんだかんだで自分と同じ観点で好きらしく、似た者夫婦だなと思うわけです。

ドラムのせいで耳が遠いんですが、明日治ってなかったら耳鼻科行っておきます。

ライブのセットリストがネットで誰か書いたら、あまり聴いてなかった曲を調べてカラオケで歌おうっと。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://burn206.blog8.fc2.com/tb.php/2317-abdd9da9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

紅月赤哉

  • Author:紅月赤哉
  • 北海道産まったり創作男
    バドミントンと歌をこよなく愛し、小説でどんどん書いてみたいと思いつつ実践したりしなかったり。
    詳しくは本館のプロフィール参照。
    面白いネタを提供できるときはなるべく凝ってみよう。

月別アーカイブ

カテゴリー別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する