fc2ブログ
B・S・DBlog
テキストサイト「B・S・DHouse」のブログです。 日記、小説、読んだ話の感想などもろもろ。 たまに毒呟きもまざったりします。双子座だから精神内に双子の弟がいるんですよ。邪悪な(笑)
03 | 2024/04 | 05
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

黒子のバスケに愛を語る

ああ、黒このバスケが好きすぎてそろそろ二次創作できそうな紅月です。

黒子のバスケとは習慣少年ジャンプで連載中のバスケ漫画です。多分「トンデモ」に分類される。

内容は最強の「キセキの世代」と呼ばれるかつての仲間に挑むキセキの世代の6人目、黒子テツヤの物語。

これがまたいいんですよ。

まず、主人公の黒子君はあくまで影(アシスト)に徹したスペシャリスト。必殺技は全てパス。そして最近ではドライブも身に着けましたが。あくまでシュートを打たすための技を磨いているわけです。

でも何より良いのは。

かつての仲間達に挑む理由が「お前のバスケじゃ勝てない」と言われたので見返してやりたい、という非常に自分勝手な思いから、たまたま一緒の学校になった同級生で才能がある仲間を利用したのですよ。

これってヒーロー物には見られないねちっこい嫉妬心があります。

そこから、自分の思いが変わって、皆と日本一になりたい! となるわけです。

成長もせず、後ろ向きな気持ちで戦っていた主人公が成長して前を向く。ああもうしびれます。


あと、もう一つ大好きなのは先輩達。その中でも「無冠の5将」木吉さんと日向キャプテン。

この漫画には大きく分けて

「キセキの世代」>「無冠の五将」>「普通の選手」という区分けがあります。

基本、この枠組みは変わらず、特に「キセキの世代」>>>「無冠の五将」って感じです。

物語に出てくる木吉さんも無冠の五将としてキセキの世代に絶望を味わわされたのですけど、それでも高校では「楽しく、妥協せずに頂上を目指そう」とバスケ部を作るわけです。
その中で「普通の選手」である日向さんとかを仲間に入れる。

でも、実は中途半端に才能があったおかげで、キセキの世代に味わわされた絶望にずっと支配されていた。

そんな時「普通の選手」である日向君が「俺が日本一を信じるから、俺を信じてついて来い」と引っ張る。

単純に実力だけじゃなく、精神的なものとか、いろんなものでお互いを引っ張り合う。

これこそ、高校バスケじゃないだろうかと。完成された人間じゃないんだから、こういう良い意味でも子供くささっていうのは必要だなと。

最近の高校生とか描かれる様はやけに大人びたりしているので、こういう等身大に近そうな感じの描き方が大好きです。

そんなわけで、紅月赤哉は黒子のバスケを応援しております。


黒子のバスケ 11 (ジャンプコミックス)黒子のバスケ 11 (ジャンプコミックス)
(2011/03/04)
藤巻 忠俊

商品詳細を見る



この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://burn206.blog8.fc2.com/tb.php/1770-3353ddf5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

紅月赤哉

  • Author:紅月赤哉
  • 北海道産まったり創作男
    バドミントンと歌をこよなく愛し、小説でどんどん書いてみたいと思いつつ実践したりしなかったり。
    詳しくは本館のプロフィール参照。
    面白いネタを提供できるときはなるべく凝ってみよう。

月別アーカイブ

カテゴリー別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する